IMG_0175.jpg

チャパタとは、イタリア語で“スリッパ”を意味し、平べったい形からそう呼ばれるようになったと言われています。大きな特徴は、生地を低温・長時間発酵で作るため内部に大きな気泡があり、さらに、水分を多く加えて作っているのでもっちりとしていて食べ応えがあるパンになっていることです。