メインコンテンツに移動

いつもスイートをご利用いただきありがとうございます。

プティッシュブルーベリー販売スタートです

プチサイズのデニッシュ“プティッシュ”シリーズですが、販売開始から大人気となり毎日多くのお客様にお買い上げいただいています。そのひとつ『プティッシュブルーベリー』がいよいよ販売開始となりました!
ザクザクのデニッシュ生地に自家製カスタードクリームを載せて焼き上げ、フレッシュブルーベリーをトッピング。優しい甘さのカスタードクリームが、ブルーベリーの爽やかな酸味を引き立てています。

新鮮な生ブルーベリーをたっぷり使用しています

今年はご縁があり、山形村にあるしろくまファームさんのブルーベリーを使わせていただくこととなりました。スイートから程近い山形村はブルーベリーの産地なんです。だから産地直送!採りたての新鮮な生ブルーベリーはふっくらとしていて皮にハリがあり、表面はブルームと呼ばれる白い粉で覆われています。これこそ新鮮な証拠!軽く洗うと濃い青紫色で一目で美味さが伝わります。食べてみると程よい酸味と優しい甘さが口いっぱいに広がって美味しい!それをこんもりとこぼれ落ちそうなくらい贅沢に使用し、カスタードクリームと絶妙なハーモニーのデニッシュに仕上げました。

しろくまファームさんについて

EisbarPlatz(アイスベアプラッツ)というママさんたちのグループで、しろくまファームはそれぞれの畑や田んぼに付けている名称です。しろくまファーム塩尻でお米、しろくまファーム有明で大豆、しろくまファーム山形村でブルーベリーを栽培しているそうです。全て無農薬・無除草剤・無化学肥料で、子供達に安心で安全な物を食べさせたいという思いと、自然農の体験を通じて食や環境について学ぼうという活動をされています。

EisbarPlatz(アイスベアプラッツ)の FacebookInstagramで活動の様子をご覧いただけます!

ブルーベリーの摘み取りをお手伝い

しろくまファーム山形村のブルーベリーの木は約2000本!それを 農薬や化学肥料を使わずに栽培するには大変な労力が必要となります。 鳥よけのネットを全面に張って実を守り、天敵の毛虫を見つけたら割りばしで除去し、ウッドチップを撒いて雑草対策をするなど工夫を凝らしていますが広い畑を管理するには人手が足りない。。

そこでスイートのスタッフがブルーベリーの摘み取りのお手伝いに行ってきました。

若い白い実と、採り頃の黒い実が一塊になっています。その中からぷっくりと黒光りしている実を選んで一粒ずつ手作業で摘み取ります。

いつもとは全く違う仕事に集中することでリフレッシュできた感じもあり、心地よい汗をかきながらの作業となりました。弊社社長、渡辺も真剣に作業中!

毛虫に注意は必要ですが、無農薬なので素手で採っても手が荒れる心配がなく、農薬の臭いもありません。広い畑の中でぐんぐん育つブルーベリーの木と負けずに生長する雑草。化学肥料を使用していないので木も草も気持ちよさそうです。

約2時間で8kg収穫しました!

途中水分補給の休憩をはさみ3人で2時間で約8kg収穫しました。休憩の時にくださった冷凍ミカンの美味しさにみんな感激!指導して下さった中澤さんはじめ、しろくまファームの皆さん、ありがとうございました!

今回の貴重な体験を通して一粒ずつ手作業で摘み取るのは大変な作業だということ、また、ここまで育てるのも本当に大変な作業の連続ということを改めて実感し、農家の皆さんのご苦労と努力に頭の下がる思いです。

これから最盛期を迎えるブルーベリーの収穫。まだまだ摘み取りのお手伝いを続け、自分たちのベーカリーで使う食材の、生産者の皆さんの思いを知るきっかけにしたいと思います。

たくさん収穫出来たら摘みたて生ブルーベリーを店頭販売しますよ。数に限りがあり販売日も不定期ですがぜひこちらもお楽しみに!

プティッシュブルーベリーはブルーベリーの収穫が終わる頃販売終了となります。この機会に是非ご賞味くださいませ。皆さんのご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。

おすすめブログ