メインコンテンツに移動

私は、2003年より株式会社スヰトの四代目の社長に就任しまして、ベーカリー3店舗、カフェ2店舗、コワーキングスペースの経営を行っています。

「お客様へおいしいパンをご提供すること」。これは、パン屋を営むうえで最低限に果たすべき役割だと考えています。そのために、手作りにこだわり、素材を吟味し、パンの味を左右する発酵という繊細な行程に日々気を遣い、可能な限り作りたての状態でパンをお客様にお届けすることを徹底しているのです。

「おいしさ」に加えて、私はスイートへご来店いただいたお客様に、たのしい時間をご提供したいと考えています。ですから、レジ担当者だけでなくパン職人に対しても、お客様へのホスピタリティを大切にするように伝えています。店内ディスプレイに力を注いでいることも、「たのしさ」をお届けするための手段のひとつです。

私自身、人に対して非常に興味がありまして、「キャンプブレッド」という全国のパン職人が集まるイベントを立ち上げたり、縄手本店の3階に「SWEET WORK」というコワーキングスペースを立ち上げたりして、さまざまな人と交流できる場を作っています。2020年3月から松本市市長に就任している臥雲義尚氏とのトークセッション「Passion Session」を、市長選の前にSWEET WORKで行ったことも、街の未来を熟考するとても貴重な機会でした。

これらは一見、パン作りとは関係ない取り組みに思われるかもしれません。しかし、私もスタッフも、パンを作って売っているだけの日々では出合えない刺激とアイディアを得ることができ、街のパン屋として、お客様に新しいエンターテイメントをご提供するための糧になっていると確信しています。

スイートの原点となるシアトルへの出店計画など、今後も、お客様にとってワクワクする街のパン屋であり続けるための進化を続けてまいります。 ぜひ、これからのスイートにもご期待ください。

株式会社スヰト
代表取締役 渡辺匡太

松本商店街映画祭